まずは無料カウンセリングから。

ダイエット 24/7ワークアウト

このエントリーをはてなブックマークに追加   

【24/7体験談10】24/7ワークアウトではお酒はNGなのか?

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪

 

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪 当記事はつづきものになっていますので【1】から順番にお読みいただけると、24/7体験談についての理解がより深まります。(もし当記事のみ読んでも意味は通じますので問題はないです。)

 

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪 【24/7体験談1】24/7ワークアウトを選んだ理由

 

大変だったことと言ったら、「お酒」も忘れることは出来ない。

 

私はビールが好物で、毎晩、風呂上がりにビールを飲む事が1日の楽しみだった。それから先は、ウイスキーやワイン、焼酎等に切り替えてさらに飲み続ける場合もあった。

 

無論のこと、飲み会であるなら、ビールや他の酒を浴びるようにがぶ飲みしていた。一年中、よほどのことが無い限り、ほぼ毎日飲んでいたのだった。

 

だから、24/7ワークアウトで初めての食事指導のときに、一も二もなく担当トレーナさんに「お酒は飲めるんですよね」と訊ねた。

 

すると…

 

「ダイエット期間中は、お酒は飲まないほうがいいです」とキッパリ言われた。

 

あまりにも直球にいわれてしまったため、私は反論することもできなかった。

 

私自身、お酒を浴びるように飲む生活に対して、心配をしていたのは紛れもない事実だ。二日酔いのため、体調の悪い日もあった。

 

それでも、仕事を頑張ったあとの1杯という最高の瞬間を、自分の手で断ち切れるほど私は強くなかった。

 

だが、今回は腹をくくることに決めた。せっかくなのだからダイエット期間中は酒をやめようと私は考えたのだ。

 

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪

 まずは24/7ワークアウトをのぞいてみよう![公式ページ]

 

じつを言うと、24/7ワークアウトのダイエットでは、お酒は全くだめだ、と言うわけではないのだ。

 

糖質を多く含むビール、日本酒、紹興酒、果実系カクテルはNGだが、ウイスキーや焼酎、糖質ゼロビールのような糖質が少ないお酒ならば、少量なら問題ないと言うことだ。

 

実際問題、会食や接待とかが頻繁にある仕事に従事している人たちのケースでは、「お酒は一切駄目」ならば、このトレーニングを継続するのは困難になるかもしれない。

 

24/7ワークアウトならば、お酒をたしなみながらもダイエットができるのだ。しかしながら、やはりダイエット中は、お酒は飲まないに越したことはない。

 

管理栄養士さんは、お酒とダイエットの関係についてこのように語る。

 

低糖質食事法で糖分が身体に入ってこなくなると、体内で糖の生成が発生します。

 

この現象を『糖新生』と呼ぶのですが、これは肝臓や筋肉で行われます。

 

糖新生がうまく行われていると、糖分に対しての欲求は少なくなっていきます。

 

しかし、お酒を飲んでしまったら、肝臓に負担がかかってしまうために、糖新生が正しく機能しなくなる。

 

そうなると、体内で糖が作ることができなくなってしまうことになります。

 

飲んだあとには無性にラーメンを食べたくなるという話を良く聞きます。

 

なぜならば、それはお酒を飲んだことで肝臓の糖新生がうまくいかなくなり、その為に身体が糖分を欲するからです。

 

だから、生理のシステムからみても、ダイエット中に肝臓を整えておくことは、実に大事だと考えます。

 

お酒により肝臓に負担を強いるのを回避したほうが良い理由は、糖新生のためだけではない。

 

低糖質食事法を行なっている期間は、身体の中に入ってこない糖質の代わりに、脂質をエネルギーにするために肝臓がフル回転で働いている。

 

その一方で、お酒を飲んでしまうことで、肝臓の機能はアルコールの分解に専念を余儀なくされ、脂質の燃焼に及ぶまで手がまわらなくなるのである。

 

つまり、低糖質食事法を実践することで通常であれば燃えるはずであった脂肪が、燃えないまま残ってしまう

 

その結果、ダイエットの効き目も薄れてしまうわけだ。

 

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪

 

なお、肝臓が脂質を分解してエネルギーに変える際、「ケトン体」という物が生成される。

 

これは、糖質の代わりに脳のエネルギー源になる物で、トレーナーさんの話によると、外部から糖質を直接に取り入れるとエネルギーとなりますが、脂質を分解することにより発生したケトン体も実際のところはエネルギーとなるのです。

 

私は現在まで仕事中、脳を活性化させるためには甘い物が必要だと言うことで、チョコレートをせっせと食べていたわけだ。

 

しかし、そのことによりケトン体の生成の邪魔をしていたことになる(無論の事、そのことを聞いてからというもの、チョコ抜きで仕事をしている)。

 

私は24/7ワークアウトに通う2カ月の間、「禁酒」を実現させた。

 

この期間、たびたび参加した飲み会でも、私はお酒は飲まずにウーロン茶で通した。

 

ひとつ気が付いたのは、ウーロン茶であろうとも見事に場の雰囲気に馴染める、と言うことであった。

 

これは大きな発見だった。さらに、2カ月の間、あらゆるお酒を断つことにより、「寝酒がないと目がさえてしまう」といった30年来の先入観は、大嘘だったこともわかった

 

それどころか、飲んでいたときと比較しても、寝つきは良くなったのである。お酒もさっぱり抜けて、私はいたって健康的な2カ月を体験することになったのだ。

 

※ 体験談11につづく。

24/7ワークアウトの無料カウンセリングのご予約受付は、↓の公式サイトからのみとなりますので、早速、日程を調整してご予約をしてみましょう!

 

トップへ戻る