まずは無料カウンセリングから。

ダイエット 24/7ワークアウト

このエントリーをはてなブックマークに追加   

子供は大人と同じくらい食べてもデブにならない理由

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪

 

食べ過ぎたらデブになる。その原理は何となく理解できる。しかし単純に、その原理が分かっても、納得がいかない場合がある。

 

子どもの時は、これまでと変わらずお米やパン、ケーキなどという、糖質で一杯の食品を食べたとしても、たいして太ることはなかった。これはどのような意味があるのか。

 

1つの背景としては、子どもは骨や脳といった心身いっしょに成長期になっていることであります。成長期、とくに寝ている間に分泌が活発なのが 『成長ホルモン』です。

 

成長ホルモンの影響を受けて身長も伸びる訳ですが、この成長ホルモンの中には体脂肪を分解して脂肪がつきにくくするといった働きをしてくれます

 

もっと言うなら、成長期の子どもにおいては、成長の為のエネルギーも必要とされます。 ところが、成長がほとんど完了した成人にについては、エネルギーはそこまでかからなくなってしまいます

 

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪

 まずは24/7ワークアウトをのぞいてみよう![公式ページ]

 

それだけではありません。例えて言うなら、成人の肉体の筋肉は何一つ行なわないと例外なく弱体化していきます。

 

呼吸、体温調整、筋肉や内臓、脳をコントロールするなどという、人の生命を管理するために必要最小限のエネルギーを『基礎代謝』と呼びます。

 

この基礎代謝は、筋肉、内臓、脳で使用されている傾向が高いという性質があると言えます。しかしながら、年齢により放置しておくと衰弱していくのが筋肉であります。内臓の働きや脳機能も、加齢と 同じく衰えていくのです。

 

基礎代謝が低下しているというのに、10代の頃と変わらない食事を摂っているのなら、摂取したエネルギーは余剰になってしまう。その余った分が体脂肪となって蓄積していく

 

結局のところ、筋肉を強くするか、トレーニングしてエネルギーを消費する、もしくは食生活を改めない限りおのずと体重が増えてきてしまう

 

もしなにひとつすることがなかったら、個人個人によって差はあったとしても、20代の後半以降は筋肉が衰弱して中年太りに見舞われてしまうのである。これぞまさしく、「中年太り」のプロセスと言える。

 

パーソナルトレーニングジム 口コミ クチコミ ブログ 東京 大阪

 

それとは逆に、中年になったのに身体のラインを保っている人もいます。この点はどのようなことか?

 

体力作りを率先して行ない、エネルギーをたっぷりと費やしているもしくは、食事に気を配っているのか、だと言えますね。ですが、これは、『健康だとすれば』になります。

 

もし、どちらとも行なっていないで、食べていると言うのに太らない場合は、消化管に何らかの異常がある危険も考えられます。栄養の消化吸収が済んでいない、ということなのです。

 

自分はどんだけ食べても太らない、などと笑っている時ではなさそうですね。何もせず放っておくと、多くの危険が引き起こされる恐れがあるのだ。

 

栄養が効果的に吸収出来なければ栄養不足になり、近い将来様々な部分にその影響が出かもしれないのです。

 

脳の認知機能が下がってしまう。骨折し易くなる。血管が切れやすくなり脳出血の 可能性が上がる。栄養不良が原因の、色々な病気のリスクがあると言えます

 

トップへ戻る